Skip to content

日別: 2018年9月14日

しわがあまり目立たなくなってきた

Posted in トラブル肌

カビが生えやすい季節と言えば、やはり梅雨ですが、人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下では増えるのが当然でしょう。

マラセチア菌と呼ばれる真菌に起因すると言われる皮膚病に「でん風」というものがありますが、身体のどこにできてもおかしくありません。一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあります。

違和感を感じるようなシミを見つけたら、まず皮膚科に行き、相談をしてみてちょーだい。

最近の話です。肌のケアをしていた時にちょっとしたことを考えつきました。それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわはできにくくなるのかも知れない、ということなのです。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていた所以ですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。日焼けした肌って、明るくて活動的な印象をもつものではありますけど、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると考える女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)も多いでしょう。

シミができるのが嫌なら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを入念に塗ること、そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。

エステでもシミやソバカスを目立たなくしたり、消すフェイシャルコースが見られます。シミを隠せるという化粧品を使ってもシミなどのカバーには手間がかかり、隠すのに必死でカバーのしすぎで厚塗りになるということになりかねません。エステはそんな悩みを解消してくれるので、メイクの厚塗りとはさよならしたお肌になれるのです。実は、お肌の悩みとしてたくさんの人が挙げるのがシミです。多くのシミの原因は、日焼け等、肌への刺激によって、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。肌の赤みは色素沈着へつながるので、ニキビができたことによる赤みも顔のシミの一因なのです。

油断せずにUV対策したり、肌のSOSに応えるスキンケアをする事でも、これ以上シミが増えないようにする効果があります。UV対策やスキンケアの他に、食生活やサプリによって健康な肌創りには欠かせないビタミンCを摂取する事も有効なシミ対策です。

私が知る限り、美肌になることは多くの方の話題に上りますが、美肌になる方法は、日進月歩で進化しており、新たな方法も生まれています。最近の話ですと、美肌アイテムが数多く発表されており、たとえば、サプリメントの中でもシミ改善の効果が謳われたものが評判になっているみたいです。ご飯や休憩のついでにサプリメントを飲むだけで効果が期待できるという簡単さが負担にならず、嬉しいですね。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパックでしょう。その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための貴重なリラックスタイムです。ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

創り方は簡単です。

市販のプレーンヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにして肌にのせて、しばしパックを楽しみます。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからおそらくシワにも効果があるでしょう。ぜひ一度お試しちょーだい。シワ予備軍(肌の部分的乾燥)は日常的に存在しています。気づいたらシワが出来ていたなんてことにならないよう、フェイスパ(療養目的の温泉のことをいいます)ックのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。表面の代謝も高まるので美容効果も高いです。どなたにも合うものとしてお奨めしたいのはヨーグルトパックです。400から450mlの無糖ヨーグルトを買ってきて、肌に塗って数分したら水で洗い流します。乳液ほど重くなくて、ニキビ肌やアトピーの人でも安心してできるのです。天然成分オンリーでペタつかず自然なもっちり肌で、小皺や部分的な乾燥にもしっかり働聞かけてくれます。実はこれ、スネの乾燥にも効果があるので、素足のシーズンには試してみてちょーだい。産後に体質が変わったという話は良く聞きますが、肌もその例に漏れないようです。

生理的にホルモンバランスが大聞く入れ替わる時期なので、しわやシミ、肌のたるみなどが出やすい状態になります。

肌のすこやかさを保つエストロゲンというホルモンが少なくなるので、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなります。

外部からの刺激に過剰に反応して赤みや痒みを感じやすくなります。過敏反応を引き起こさないよう添加物をなるべく控えたスキンケア化粧品で毎日きちんと水分を補って肌を乾燥から保護しましょう。

赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないですから、安心できるものを使いたいものです。女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の喫煙者の数は、男性に比べると減りが鈍いそうです。肌の下では毛細血管による代謝が休みなくおこなわれていますがタバコにふくまれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、肌の健康を保持するのに必須である酸素や水分が不足し、老廃物の滞留などが起きてくるのです。肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、真皮が乾燥したり再生に時間がかかるようになるため、肌の衰えが顕著になると、シワやしみが増えてきます。美肌を求めるなら喫煙は辞めて、その他の気分転換を見つけるようにしましょう。