Skip to content

月別: 2018年5月

頑張ってケアしています

Posted in 美肌

ここのところでは、美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)している方が増えてきています)に関する家電が普及していて自宅にいながら手軽にエステ並みのスキンケアができるのがとても嬉しいことです。私はエイジングケア家電に今目がありません。若いうちからコツコツとエイジングケアを自分に施していると、数年後にお肌に違いが出てくるかもしれないと思うので頑張ってケアしています。鋭敏な肌だと化粧品をどれか決めるにしても当惑しますよね。

特に素肌に塗布することの多いクレンジングは一層です。

敏感なお肌な方にお薦めするのが化粧落とし乳液です。これだと皮膚への害があまりない。

品数が多いので、皮膚も張りにくいですし、潤いも失われないままでいられます。ちゃんと毎日洗っていても頭皮が痒く、フケが目たつようになったという方はもしかすると敏感肌の可能性もあります。

その時はいったん普段のシャンプーの使用を止めた方が良いでしょう。敏感肌でも安全に使用できるシャンプーは添加物の入っていない石鹸です。余分な成分を含有していないので、肌にも髪にも優しく、刺激が少ないのです。私の母が朝洗顔するときは、ソープや洗顔フォームを用いません。母は石鹸や洗顔フォームを使わずに水だけで顔を洗う人です。母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、大切な皮脂が全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけでいいと、石鹸不用説を頻繁に話してくれます。

そんな母のお肌は65歳なのにピカピカしています。

私は乾燥肌ですので、肌の手入れにはオイルを使用することにしています。オイルを使ってのマッサージを行ったり、オイルパックを利用したり、また、クリームを使う換りとして普段からオイルを使用することにしているため、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。

いつでもツルツルの肌になれて大変嬉しいです。

洗顔は日々の日課ですが、現在まではそれほど洗顔料に重きを置かずに買っておりました。

ただ、美意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)の高い友達に言わせるところによれば、毎日使用するもだからこそ、ポリシーをもたなければならないとのことでした。顔のツッパリや小じわが目につく私には、うるおいを守る成分の入ったものや加齢に対してケアできるものを使った方がよいそうなので、見つけ出してみようと思います。

私の母は2、3年前から顔にできてしまったシミに悩んでおりました。そのできたシミが大きさは十円玉と同じくらいのサイズが一つ、少しだけ小さめのものがいくつか両頬に散乱していました。約1年前、母の美肌友達から「シミには発芽玄米が効果がある」ときき、すぐに毎食時に可能な限り取り入れてきました。だから、シミは薄くなっています。

毛穴、中でも鼻の毛穴に目たつ角栓があるととても気になってくるものですよね。とはいえ、顔を洗っている時に無理やりに取ろうとすると、かえって肌を傷つけてしまうので、それはおすすめできません。ピーリング石鹸などを用いて角栓を優しくおとすといいでしょう。ただし、使い過ぎるのは逆効果となるので、週に一度から二度の使用にしておいて頂戴。

元々、基礎化粧品を使用するのは当たり前ですが、どうせやるならエイジングケア化粧品を使ったほうが一石二鳥だと思い、基礎化粧品を変えたのです。やはり年齢相応の商品のようで、実際使用してみたら肌のツヤ、ハリが全然違い化粧のノリまでもが違い、こんなことなら早くに使用をはじめるんだったと少し後悔しています。

スキンケアには何と言っても保湿が一番肝心です。

お風呂に入っている時には肌から水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)がどんどんなくなっていきます。

そんな肌を乾燥から守っていくために、化粧水や乳液をつけた後に保湿クリームの使用をオススメいたします。

夜に保湿クリームを用いると肌の潤いがあくる日の朝まで続き、メイクのノリも良くなるでしょう。

お肌の皮脂が常に足りない状態

Posted in クレンジング

ほうれい線を消したいと思った時は、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品を使用してみましょう。ビタミンC誘導体には、お肌の細胞をより活発化させるはたらきが見られるとされ、コラーゲンの繊維を増加させるということでよく知られております。それと一緒に、美顔ローラーでコロコロしてお手入れすると、さらに効果を発揮します。

ちょくちょく洗顔をしてお肌の皮脂が常に足りない状態になると、足りない脂分をカバーしようとよりたくさん分泌しようとする為す。

度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、一段と多くの皮脂を、分泌してしまいますから、洗顔はほど良い回数に留めるようにしてちょーだい。顔を洗った後は化粧水でたっぷりと水分補給を忘れずに行なうことが大切なのです。砂糖など、糖質を摂りすぎる方は注意が必要です。砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化の進行を加速させる糖化物質が全身にたまってくるのです。お肌のコラーゲンが糖と結合することで、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやしわ、たるみを引き起こしたりすることになりかねません。吹き出物が発生すると治癒したとしてもニキビの跡が残ることがたびたびあります。気になるニキビの跡を抹消するには、赤みがあるニキビ跡にはビタミンC配合の美容液や化粧水を使用して、色素が残ったニキビの跡にはピーリングをすることが一番効きます。歳を取ると一緒に、肌への不満が増えてき出したので、化粧水や乳液をエイジングケアの出来る商品に交換したり、美容液やクリームも同時に使うようになりました。
王妃の白珠

しかし、ある美容部員さんに聞いたところでは、大切なことはクレンジングだという話でした。今現在のものを使い終えたら、さっそく探してみようかなと思っています。お肌に先天性のシミ、色素沈着、アザなどがあって、多くの方が悩まされています。

小さい頃に、治ることはないと診断をうけたかもしれませんが、最新の医療をうければ、全く跡が残らないとは言えなくても、シミやアザ等を薄くすることが可能になっています。

顔のシミやアザを何とかしたいと思う方は、専門医によるカウンセリングをうけるだけでも、治療の可能性がわかってきます。治療をうけてシミなどを消した方のお話をできるだけ集めると、参考になるでしょう。

お肌のシミ防止には体の内部からの手入れも大切です。

その美白効果の高さで知られるビタミンCは、レモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。それから、お肌の乾燥が進んでしまうとシミ発生の引き金にもなりかねないので、コラーゲン満載の、牛スジや豚骨、うなぎ、鶏皮などを食生活に取り入れてちょーだい。もちろん、シミ対策のみを考慮した食生活を送るのではなく、いろいろな栄養素を体に摂り入れることを考えるのもポイントです。もっとも気になる体の部分は顔だという人が大部分でしょう。顔のケアと言えば洗顔が基本です。

顔に付いた汚れや多すぎる皮脂を洗い流す所からスタートするからです。

洗顔ではせっけんや洗顔クリームをいかに泡たてるかが鍵になります。泡たてインターネットでモコモコに泡たてて泡で包んで洗顔します。飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌(スキンケアも大切ですが、生活習慣や食生活も重要です)効果も期待できます。

また、酒粕はパックとして使え、美白に良いといわれています。板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、柔らかくするために少量の水を加え、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。少しずつ小麦粉を混ぜて好みの固さにして、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。ひとりひとりの人によっては肌の質が違います。

普通肌、乾燥肌、敏感肌など、沢山の肌質がありますが、その中でも、敏感肌の方は、どんなスキンケアの品でも合致する所以ではありません。

仮に、敏感肌用以外のスキンケア商品を使用してしまうと、肌に負担を与えてしまうかもしれないので、注意深くチェックしましょう。