Skip to content

月別: 2018年3月

背中は自分で見えない

Posted in 敏感肌

鏡を見て、加齢によるシミににショックをうけたことはありませんか。

とは言っても、同じシミでも形やできた部分がどこか、ということにより、様々の種類がありますので、それに対応した薬をドラッグストアで探したり、クリニックへ行くという対策もあります。でも、シミの全部が薬で治療できるワケではないので、扱いの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、レーザー治療を施すことも検討してみて頂戴。素肌をいたわるなら、洗顔する際には髪の毛の生え際などの落としづらい部分まで、きっちりとすすぎ終えましょう。すすぎ終えたら、タオルで弱い力で押さえながら水分をぬぐいさります。けっして、強くこすったりしないで頂戴ね。当然、きれいなタオルを使うことが、大条件となります。

顔ではないところで、意外にもニキビができやすいのは背中なのです。背中は自分で見えないため、背中にニキビができてしまっても、気づかないことがあります。でも、背中のにきびでもケアをしっかりしなければ痕になってしまいますので、気をつけましょう。

吹き出物が出来やすいと苦しまれている方には体質改善に取り組む事を推奨します。吹き出物が出る誘因としては甘い食べ物や脂質が多い食べ物を摂取する事が考えられます。それらを少しも摂取しないというのは困難ですが、野菜や発酵食品などを多く摂取する事によって消化能力がアップし、体質改善も見られます。吹き出物ケアに栄養管理が必須です。糖質を多分に含んでいる物を取りすぎることはニキビの基になります。チョコは脂質も糖質も多く含有しているので、それ程食べ過ぎないようにした方がよろしいです。カカオの含くまれる確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)が高くて糖質の少ない物はお肌にも悪くないのでので、やむを得ず食べたい時には成分表を注目しましょう。顔を洗うときに熱湯で洗うと必要な皮脂も洗い流してしまいますし、全て洗いきれていないとカサカサ肌の原因やニキビなどの肌あれを招くので意識しておくことが大切です。顔を洗ったら、すかさずたっぷりの化粧水を優しく顔に当て吸収させ、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにして頂戴。

まあまあ乾燥しやすい目の周りや口の周りは、気持ち多めに化粧品を使うようにします。

肌がデリケートな人は、ダブル洗顔のいらないメイク落としなどで洗顔すると、余計な油脂が残らずに済みますし、スキッとするものです。それでもメイク落としと洗顔フォームの両方を使いたい場合には、ぬるま湯で少し洗い流す程度にしましょう。敏感肌は、肌の状態が変わりやすいので、その変わり方に柔軟に対応していくことが大切なことです。

特に肌トラブルの中でも男女や年齢などに関係なく悩むのが多いのは、やはりニキビと言えると思います。ニキビには、いくつかの種類があり、その原因も様々違っています。しっかりニキビの原因をしり正しい治療を心掛けることがお肌に変えていく第一歩となるのです。くすんだ肌が気になってきたときには洗顔方法によって改善できるかも知れません。

メイクでもなかなか隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因なのです。

生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)の乱れなどで正常に肌のターンオーバーが行われなくなると、肌の上に古い角質が残っていってしまうのです。

そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料でしっかり泡たてて洗うことです。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用すると効果倍増です。

ところで、肌荒れとニキビが係わっていることも可能性があります。

というのも、ニキビはホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)の悪化が主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。しかし、思春期をすぎても現れることがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と命名されてます。

大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)には注意が必須です。