Skip to content

日別: 2017年12月3日

洗顔フォームやソープに重曹を混ぜる

Posted in トラブル肌

緑が鮮やかな緑茶は、カテキンがとても豊富です。カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用を補完する役割をしています。

いつまでも色白のお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、カテキンとビタミンCの両方を同時に摂ることができれば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑制する効果があります。肌のトラブル対策はバッチリ!と思っているのに気がつくと、顔にシミができたという経験ありないでしょうか?肌のシミの消し方がわからない方は薬による治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)がお奨めです。一口にシミといっても、種類は様々です。原因が紫外線ならば小さく平坦なシミができます。それに、女性ホルモンが原因でできるシミもあり、左右の頬に大聞くぼんやりと現れます。シミができた原因は何なのかを探り、原因に合わせた薬によって治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)すれば、シミとさよならできる日も遠くないということです。洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、汚れがキレイに落ちて、シミも薄くなってきたみたいという声がインターネットで広まっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかも知れないでしょう。

重曹は精製の程度によって、掃除に使われるものもあれば、食品用や薬品用もあります。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

顔を洗ったらローションなどでお肌を整えるようにして、十分に保湿して下さい。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は顔の洗い方で改善する可能性があるのでしょうか。

くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

睡眠不足や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズにおこなわれなくなり、古い角質(ケラチンと呼ばれるタンパク質でできた古くて死んだ細胞のことです。表皮にあります)は排出されずにたまってしまいます。

明るい肌創りの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料でたっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。ピーリング石鹸も週1回ほど取り入れると透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。

女性のお肌の悩みで、特に30代、40代に多いお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。左右の目の下の目尻から頬あたりにできるシミで、クマのような感じです。女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、肌に肝臓の不調が現れているといったものではないのです。トラネキサム酸の使用によって肝斑を治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)できるというのが現在の医療の考え方で、製薬会社や大手の化粧品メーカーより、内服用の薬が売り出されていますね。

いわゆるありふれたシミ改善法のようなものでは、こと肝斑に関しては効果がないと言えます。健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面につくられた模様のことをいいます。この模様、キメが美しい肌というのは皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。適量のお酒は血行を促進してくれるので、美肌効果も期待出来るのです。

酒粕のパックはよく知られていて、くすみを軽減すると言われています。

酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、少量の水を加え、酒粕を柔らかくして、すりつぶして固まりが残らないようにします。小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。持ちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。シミなどのお肌の悩みが年をとると供に多くなっていくのは、がっかりするものです。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、妬みたくなってしまうのです。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングをしていこうと思います。以前は気にならなくても、加齢と伴に、だんだんお肌のシミが気になってきます。治したいシミ対策には、漢方を試してみないでしょうか?直接シミを消すのではなく、漢方では代謝を良くすることにより、体がシミを創りにくい状態になったり、その手助けによりシミが改善するのです。

体調が整いますから、シミには漢方で対策することで健康にもなれるかも知れないでしょう。法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、消してしまいたい、と思ってしまいます。

ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行ない、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こまめなケアでシミ、シワ改善となり、アンチエイジングできます。